【マイクラtips】万能の素材「木材」を手に入れる!植林場を作ろう!

2019年6月2日

序盤は木が生命線

こんばんはまいきーです。
日記のほかに少しずつお役に立つと思う情報をTipsとして記事にまとめていこうと思います。
初回は本当に簡単なことなんですが、植林場をご紹介します!

マイクラをやっていくうえで、木はなくてはならない素材です。
建築にしても、木炭をつくることもできますね。
でも周りにある木を切ってしまってもう無くなった…どうしよう。ってことになったら大変です。
木を切ったときにドロップする苗木を植えて、植林場を作りましょう。

植林場を作る前には、こちらのnishiさんのブログを参考にさせていただきました!
木の生育条件などを丁寧に検証されていて、ものすごくわかりやすいです!

シラカバがおすすめ!

手に入りやすいのはオークとシラカバですが、植林場に植えるのはシラカバがおすすめです!
理由は、いくつもあるんですよ!
まずは、まっすぐ生える。
高さ2ブロックまでに葉ができない。
地面から切ることができる高さまでしか成長しない。
などなどです。

オークは葉が低い位置にできやすくて、木を切る前に葉を切らなきゃいけないことがあるんですよ。
序盤では道具の消耗が激しいので、けっこう痛手です。
それにオークはたまに「巨木」と呼ばれる大きな木に成長してしまうんです。
巨木は地面から切れない高さまで伸びるので、土などで足場を作って切ることになり、効率が悪いです。
↓↓めんどくさい生え方したオークの例↓↓

もちろん、建材としてオークが欲しいときは別ですが、チェストや棒、はしごなどどの木材でも作れるものはシラカバを使うようにすると効率がいいです。
あとで解説しますが、木炭もシラカバで作っています!

苗木の植え方

あまり間隔を詰めて植えると、成長が悪くなることがあります。
3ブロック開ければ問題なさそう。なので、3ブロックずつ空けて等間隔に苗木を植えます。

中心には光源を置きます。毎回3ブロックを数えると絶対間違うので(笑)植えるところの周囲を丸石で囲っています。
あとは、成長したら切って、苗木を植えての繰り返しです♪

木炭を作ろう

さて、原木を製錬(かまどで燃やす)すると、木炭になります。……しってました??
マイクラやりはじめてだいぶたってからこのことに気づいて、びっくりしました。
今まで必死に石炭集めてたのはなんだったんだ……!

石炭は交易にも使えるので、たいまつ作りは木炭を使いましょう。
作り方は簡単。製錬するだけです。
クラフトして「木材」になったものではダメです。「原木」を使ってくださいね!

たとえば1スタック(64ブロック)の原木を32個ずつに分けて、製錬するものと燃料にするものに分けてみました。
すると32個の木炭を作るのに燃料としての原木が22個消費されました。
残った10個をまた半分に分けて…としていくと、結果64個の原木から37個の木炭が出来ました\( ‘ω’)/

たいまつをクラフトしたり、もちろん燃料としても使えます。
石炭がまだ十分に手に入らない環境だととくに重宝すると思います!レッツ植林!!

ではまた!